2012年10月20日

楽天ランキング 日本画 ★ 能力トレーニングやってみませんか?★ フリー写真は美女です。


wallcoo\Art_paintings

フリー写真は美女です。
wallcoo.net


能力トレーニング
やってみませんか?

100点とれるといいですねるんるん




楽天ランキング 日本画






2012年10月17日

秋収穫を楽しめる秋味竹の子として注目の的!地域おこしなどに話題の品種です。シホウチク(四方竹)8号ポット(秋どりタケノコ)【シャキシャキの四方竹】四方竹のピリ辛炒め3袋 高知県産(土佐山産) メール便不可商品です。

テレビで四方竹の美味しい時期だと知りました。

筍のように朝早く起きて、土を掘り起こさなくても

表にニョッキリと30センチほど伸びたものを

チョンと切れば収穫できると聞きました〜♪




高知県特産 四方竹直径2センチ前後で四角い秋の筍!【季節限定商品】【配送日指定不可】高知県...


    

【旬もの四方竹と甘辛味噌が相性抜群】四方竹入りおかず味噌5個 高知県産(土佐山産) メール便...

【シャキシャキの四方竹】四方竹のピリ辛炒め3袋 高知県産(土佐山産) メール便不可商品です。

【全国送料無料】高知産・筍・四方竹約2kg入りクール便・竹の子・タケノコ【sta_free_0901_s】...


買って食べるのも良いけれど
自分ちの庭に植えてみればどうかしらと
ふと、思ってしまいました。


シホウチク(四方竹)8号ポット

シホウチク(四方竹)8号ポット(秋どりタケノコ)

四方竹

秋収穫を楽しめる秋味竹の子として注目の的!地域おこしなどに話題の品種です。タケノコが秋から冬に出てくるので、秋の味覚として楽しめる優れた品種です。鉢栽培でも収穫できます。暖地向き品種。

定価:5,250円(税込) 販売価格:4,725円(税込)


四方竹

商品説明

シホウチクは常緑性の竹で、庭園にも向いている竹です。棹はやや細く四角形になるため四方竹と呼ばれます。節のすぐ上にいぼ状の突起があり、伸びると根になります。葉が細く下に垂れ、やさしく涼しげな印象です。和風庭園や建物周り、生垣に利用されます。やや寒さに弱いので、植え付けは関東地方以南が適しています。

タイプ:イネ科の常緑樹
樹高:4〜5m
植栽適地:関東地方以南
日照:日向〜半日陰むき

栽培方法:
日当たりのよい場所に植えてください。鉢植えでも栽培できます。
適度な湿り気を好み、耐寒性、耐暑性もあります。乾燥を嫌うので、夏場日照りが続く場合は水遣りしてください。
枝が密生し、カイガラムシなどが着きやすいので、古い悍は早めに取り除きましょう。
樹高が高くなりすぎる場合は適当な高さで剪定します。
移植は容易です。

収穫方法:
孟宗竹のように地中から掘り出す必要は無く、タケノコが30〜40cmくらいに延びてきたら根元から折り取ります。あく抜きは普通のタケノコと同様に米糠で行いますが、アクが比較的少ないので、収穫したてなら茹でるだけで食べられます。

収穫までの年数は3〜4年です。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。
品種の性質上、地上部の大きさには個体差があります。なにとぞご了承くださいませ。
posted by fine at 13:38| Comment(0) | ├ 自然・風景・花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

「私の気ままな老いじたく」に続く、読者待望の第2弾が話題になっている。わかりやすくて、心あたたまる著者の筆づかいもさることながらこの本のポイントは、本文の文字が普通使われる文字より、大きくしてあること。、


516P1PZE83L__SL500_AA300_.jpg






商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

朝日新聞家庭欄に、1997年から連載中の好評コラムを、
単行本にまとめた実用エッセー。

●著者は1918年、東京生まれ。生活評論家として新聞・雑誌で活躍中。
「老いは死を待つ時間ではなく、未知への道すがらなのですから、
すべてを終える日まで、無理なく、素直に自分らしく生きていくのが一番いい。

旅じたくのバッグに旅の楽しみを入れていくように、
未知の老いへの道すがらにも、楽しいことはいっぱいあるにちがいない、
と思いついたのです」と、この本の「はじめに」で語る著者。

年ごとに出会う自分の老いを、「はじめまして」という気分で、
面白さに変えていく著者の発想が実に前向きだ。

きりりとした姿勢で生きるさわやかさと
、いのちを見つめる目のあたたかさが共感を呼ぶ、中高年のバイブル。

第1章*年を重ねたら、毎日が発見 
第2章*季節がくれる恵み、食する幸せ 
第3章*おしゃれ心を忘れず、はつらつと暮らす 
第4章*人とつきあう、いのちをはぐくむ 
第5章*賢く楽しく使いたい、お金と時間 
第6章*心と健康を守る、日々の心配り


内容(「BOOK」データベースより)

年を重ねることは、未知の自分に出会うこと。
老いを面白がって暮らす著者の、
さわやかな姿勢といのちを見つめる目のあたたかさが、
心にしみてくる。家庭で、職場で、ご近所で注目の、
中高年のバイブルとして、いま必読の実用エッセー。
内容(「MARC」データベースより)

朝日新聞家庭欄連載「吉沢久子の老いじたく考」の単行本化。



5150NT0S0CL__SL500_AA300_.jpg





商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

1999年7月に刊行した「私の気ままな老いじたく」に続く、
読者待望の第2弾が話題になっている。
わかりやすくて、心あたたまる著者の筆づかいもさることながら、
この本のポイントは、本文の文字が普通使われる文字より、大きくしてあること。

第1作を読まれた、おおぜいの読者からのお便りでも、
「この本は文字が大きくて本当に読みやすかったので、
友人、知人にもすすめました」と、大変喜ばれた。 

今年、83歳になる著者がこんなにお元気で、
しかもこれほど人々を感動させるコラムを書き続ける様子に
、読者はあらためて、人は年齢に関係なく、
「今、目の前にあるささやかな幸せを大事にしながら、
しかも前向きに生きていく」ことのすばらしさ、
大切さをしみじみと味わうことができるだろう。 

第1章*体力を過信せず、今できることをする 
第2章*おいしく食べる楽しみと暮らしの知恵 
第3章*快適生活を送るための道具立て 
第4章*ささやかな幸せを見つける楽しみ上手 
第5章*今の幸せを明日につなぐ心の準備 
第6章*自分の家で自分らしく終わる人生


内容(「BOOK」データベースより)

朝日新聞に好評連載のコラム。老後の暮らし方、生き方を綴る。
大きな文字で読み易さにも配慮。

内容(「MARC」データベースより)

生きる姿勢のさわやかさ、いのちを見つめる目のあたたかさが心に響く、
老後を迎えるためのエッセー。
朝日新聞家庭欄連載「吉沢久子の老いじたく考」の単行本化、第2弾。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


吉沢/久子

1918年東京生まれ。生活評論家。東京栄養学院、文化学院文科に学ぶ。
家庭生活の視点から、生活の中の各分野に提案を続けてきて約50年。
伝統的な生活技術を大切に、しかし、時代の移り変わりにも目をそらさず、
新しい価値観を創る努力をしてきた。

今は亡き夫君(評論家・古谷綱武氏)とともに始めた勉強会の記録誌「むれ」は
若い同人にも支えられて、現在も続いている。
著述だけでなく、新聞、雑誌、テレビ、講演と、幅広く活躍中。

’97年から朝日新聞家庭欄で、老後を迎えるためのエッセー
「吉沢久子の老いじたく考」がスタートし生きる姿勢のさわやかさと、
いのちを見つめる目のあたたかさが人々の心に響き、長期に連載された。

’99年この朝日新聞家庭欄のコラムをまとめた単行本
「私の気ままな老いじたく」が主婦の友社より刊行、
多くの読者の共感を呼んで、ベストセラーとなる
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


51-18BGV3dL__SL500_AA300_.jpg




posted by fine at 15:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。